'; ?> 1.自動車燃料関連|燃料利用技術開発事業|事業内容|一般財団法人 石油エネルギー技術センター(JPEC)
  1. ホーム
  2. 事業内容
  3. 燃料利用技術開発事業
  4. 自動車燃料関連

1.自動車燃料関連

経済産業省の支援のもと、自動車業界と石油業界の共同研究として以下のプログラムを実施してきました。
a. JCAP (Japan Clean Air Program) ;1997〜2006年度
    (JCAPⅠ1997〜2001, JCAPⅡ2002〜2006)
b. JATOP (Japan Auto-Oil Program) ;2007〜2011年度
a.は大気環境改善を目指した自動車排出ガス低減を目的として、b.は「排出ガス低減」に「CO2削減」、「燃料多様化」を加えた3つの課題を同時に解決する最適な自動車・燃料利用技術の確立を目指して実施されました。

(1)これまでの自動車・燃料研究の概要と成果

JCAP及びJATOPの具体的な成果は、次のような政策・取り組みに反映されています。

@ガソリン、軽油の低硫黄化による排出ガスのクリーン化と燃費向上
    効果の確認…a

⇒世界に先駆けたガソリン、軽油のサルファーフリー(硫黄分
      10ppm以下)化を実現し(2005年1月;石油業界自主対応、2008年;
      規格化)、世界最高レベルの排出ガス規制に適合した自動車の普及
      につながっています。

Aバイオマス燃料利用に関する影響評価…a,b

・ETBE8%混合ガソリンの影響評価
   ⇒国内石油業界によるバイオETBE配合ガソリン(バイオガソリン)の導入
      (2010年度に原油換算21万kL/年のバイオマス利用)のための
      データベースとして活用されました。

・バイオマス燃料高濃度利用時の技術的課題明確化と自動車側、燃料側
     での対応策を含めた技術知見の確立
   ⇒FAME (Fatty Acid Methyl Ester;脂肪酸メチルエステル)混合軽油の
      規格化(品質確保法)と、酸化安定性試験法としてPetro-OXY法の導入
      の基礎データとして活用されました。
   ⇒E10ガソリンの規格化(品質確保法、JIS)の基礎データとして活用
      されました。

バイオディーゼル燃料の品質特性
FAME組成の例と特性

B将来のディーゼル燃料に関する研究…b

⇒今後導入が見込まれる非在来型石油や分解系軽油留分などの各種
      軽油用基材を利用した燃料について、ディーゼル車の各種性能に
      及ぼす影響と課題を明らかにし、市場導入検討のための技術的知見
      を提供してきました。

C高精度な大気質シミュレーシヨンを用いた大気質の評価…a,b

大気研究の役割は、自動車の排気規制及びそれに対応する自動車の普及が大気環境に及ぼす改善効果を予測し、環境施策に資する技術データを提供することです。
・JCAPⅠでは広域・沿道大気モデルや自動車排出量推計モデルを構築し、
  2010年の大気質予測を行いました。
・JCAPⅡではリアルワールドエミッションを再現することをキーワードに
  シミュレーションの高精度化を行い、2015年の大気質予測を行いました。
・JATOPでは沿道NO2とPM2.5の推計精度改善をキーワードに研究を行い、
  2020年の大気質予測を行いました。
  このようにシミュレーションを用いて、自動車の排気規制強化が大気環境を
  改善する効果を定量的に評価し、その結果を中央環境審議会・大気環境
  部会・自動車排出ガス専門委員会に報告しました。


(2)JATOPⅡ(Japan Auto-Oil ProgramU)の活動

2012年度から3年間の予定で、JATOPⅡの活動に取り組んでいます。このプログラムではJATOP(2007年度〜2011年度)で得られた成果を踏まえ、自動車・燃料分野における技術的課題の解決を目指して、石油業界と自動車業界の協力のもとに、主に次のようなテーマについて研究しています。

@分解系軽油留分の自動車用燃料としての利用に関する研究

石油精製における残油の分解等により得られる留分のうち、特に分解系軽油留分を自動車用燃料へ利用拡大する際の技術的課題を明らかにし、利用検討に資する技術的知見を得る。また、分解系基材の利用増加による燃料油の製造における基材バランスが変化した際に、自動車用燃料の品質面に及ぼす影響を把握し技術的課題を明らかにした上で利用検討に資する技術的知見を得ることを目標に研究を行っています。

分解系軽油留分の自動車用燃料としての利用に関する研究

Aガソリン蒸発ガス低減対策の評価

バイオマス基材の利用など従来とは異なる基材の利用増加などともあわせて、近年、市場占有率が増加傾向にある軽自動車や新機構搭載車両など各種車両からの蒸発ガス量へ及ぽす影響を把握し、各種蒸発ガス低減対策の効果を詳細に評価することを目標に研究を行っています。

B新技術搭載車両を用いた燃料性状変化に対するポテンシャル評価

セタン価を大きく変化させたモデル燃料を用いて、先進技術が搭載された欧米の車両や国内ポスト新長期適合 車両に対する排出ガス、燃費、実用性能などに対する感度変化を把握し、分解系基材等の利用を拡大する際の技術的課題を抽出するとともに、技術の方向性を見極めることを目標に研究を行っています。

C将来の燃料油性状と自動車技術に関する調査・検討

分解系軽油留分の自動車用燃料としての利用に関する研究を進めるため、将来の燃料品質の動向と、燃料品質に対して相互に影響を与える自動車技術に関して、海外の状況などとあわせて情報収集・調査を実施しています。

D大気研究

JATOPⅡ大気研究では、近年健康影響の大きさから注目され、2009年9月に環境基準が制定されたPM2.5の基準達成に向け、大気シミュレーションを活用して以下のような研究を行っています。

・大気シミュレーションプログラムのバージョンアップ
   ・入力データ(エミッションインベントリ)の最新化
   ・将来PM2.5濃度予測
   ・今後の継続的なエミッションインベントリの構築・更新の仕組みの検討

大気汚染現象とモデル

(3)石油製品備蓄に関する調査研究の概要

東日本大震災を契機として石油備蓄法が改正され、国家備蓄における製品備蓄の増強が進められていますが、そのためには石油製品の長期貯蔵と品質の劣化に関する技術的知見を得ることが必要です。当センターでは経済産業省からの委託事業として、すでに大規模な製品備蓄を実施している諸外国(欧州、韓国)の備蓄制度、備蓄の実態、品質管理手法等について調査を実施するとともに、石油基盤技術研究所において貯蔵試験を行い、各種の石油製品(ガソリン、灯油、軽油、A重油、航空タービン燃料)の長期貯蔵時の品質劣化に関する技術的知見を収集しています。更に長期貯蔵を行う際の品質管理方法についても検討しています。