'; ?> 事業内容|一般財団法人 石油エネルギー技術センター(JPEC)
  1. ホーム
  2. 事業内容

事業内容

Ⅰ 製造技術開発事業

我が国の製油所の国際競争力を強化するために、石油製品を効率的に生産するための石油精製プロセスの高付加価値化を実現するための技術開発を実施しています。この中には重質油研究開発基盤に関わる新規技術として、2011 年度から開発に着手したペトロリオミクス技術を利活用するものを含みます。また、製油所の信頼性向上に資する技術開発や、エネルギー資源に乏しい日本にとってエネルギー安全保障と地球温暖化対策の切り札となる水素の普及に関する技術開発に取り組んでいます。


Ⅱ 燃料利用技術事業

原油の重質化に伴う残さ油の増加、環境規制等による残さ油需要の減少等、今後の石油製品を巡る厳しい環境の中で、中長期的にも原油処理量を削減し、二酸化炭素排出量を削減しつつ、国内石油製品需要を満たすことができるようにするため、残さ油の分解等で得られる留分を従来以上にガソリン・軽油に混合して使用するための自動車による影響検討試験、船舶燃料に対する世界的な硫黄分規制に対応し、今後も安定的に船舶燃料を供給するための船舶用内燃機関による規制適合燃料の利用試験等を実施しています。


Ⅲ 情報収集調査事業

石油エネルギーに係る政策や関連産業における経営・技術戦略策定に役立てることを目的として、国内外の石油エネルギー関連情報を収集し、提供しています。具体的には、環境関連規制に関する動向調査、我が国の製油所競争力強化に向けた海外石油産業の動向に関する調査や、国際会議・海外長期出張員事務所を通して、ユーザーニーズを的確に捉えた専門性を活かした調査研究を実施しています。


♢ 石油基盤技術研究所について