'; ?> JCAPのめざすもの|JCAP1|JCAP&JATOP|一般財団法人 石油エネルギー技術センター(JPEC)
  1. JCAP&JATOPホーム
  2. JCAPI

JCAPのめざすもの

わが国の自動車排出ガス規制は、既に世界的に見ても厳しいものとなっていますが、さらにより良い大気環境を実現するため、一層の排出ガス低減が求められています。このため、自動車技術と燃料技術の両面からその対策を進めていくことが非常に重要な課題になっています。

欧米においても同様な課題があり、自動車技術と燃料技術による大気環境改善のためのプログラム(米国:Air Quality Improvement Research Program、欧州:Auto Oil Program)が実施されております。このようなプログラムは、大気環境を改善するために低減の対象とすべき物質が国や地域により異なるため、その国や地域にあった進め方が必要です。

そこで、一般財団法人 石油エネルギー技術センターは、自動車業界及び石油業界の協力を得て、わが国特有の社会・産業構造、地理・気候条件を考慮した上で、将来の大気環境を予測するとともに費用対効果に優れた対策を研究するため Japan Clean Air Program(JCAP)を行うこととなりました。

JCAPでは、自動車排出ガス対策の最先端技術(自動車技術と燃料技術)を取り込み、わが国にとって最適な大気環境改善策の検討を進めています。