<% jcapFile = Server.MapPath("/") & "\JCAPCounter.txt" Set FileObject = server.CreateObject("Scripting.FileSystemObject") Set jcap = fileObject.OpenTextFile(jcapFile,1,false,false) if err.number > 0 then counter = 0 else counter = jcap.Readline end if counter = clng(counter) + 1 Set jcap = Nothing Set jCap = FileObject.OpenTextFile (jcapFile, 2, FALSE, FALSE ) jcap.WriteLine cStr(counter) Set jcap = nothing %> '; ?> JCAP&JATOP|一般財団法人 石油エネルギー技術センター(JPEC)
  1. JCAP&JATOPホーム

1.これまでの研究(JCAP)の概要と成果

ア.Japan Clean Air Program(JCAP)の概要は次のとおりです。

期間
1997〜2001年度(JCAP I )
2002〜2006年度(JCAP II)
目的
大気環境改善を目指した自動車排出ガスの低減
体制
自動車業界と石油業界の共同研究として実施
成果
将来の自動車排出ガス技術と必要な燃料品質を同時に明確化

イ.具体的な成果と政策への反映は次のとおりです。

●ガソリン、軽油の低硫黄化による排出ガスのクリーン化(NOx,PM低減)及び燃費向上(4〜5%向上)効果を確認しました。

その結果、石油業界の自主対応(2005年1月)により世界に先駆けたガソリン、軽油のサルファーフリー化が実現しました。

ガソリン、軽油のサルファーフリー化

●バイオマス燃料利用として、ETBE8%混合ガソリンについて排気ならびに実用性能上の問題のないことを確認しました。

その結果、京都議定書の目標達成計画実現のため、石油連盟各社は、2010年度において、ガソリン需要量の20%相当分に対して一定量のバイオエタノールをETBEとして導入する計画(約36万KL/年=原油換算約21万KL/年)のベースデータとして活用されました。

なお、2007年4月より試験導入を開始しています。

●ディーゼルエンジンオイル中の硫酸灰分量、硫黄分、リン分の後処理装置への影響を確認しました。

その結果、トラック、バス等の重量車用ディーゼルエンジン油規格であるJASO(日本自動車技術会)DH-2規格(新規格)に反映されました。

ディーゼルエンジンオイル中の硫酸灰分量、硫黄分、リン分の後処理装置への影響

●高精度な大気質シミュレーションモデルを開発しました。

このモデルを活用し、ポスト新長期規制の大気改善効果を定量的に予測し、その結果を環境省・中環審・自動車排出ガス専門委員会のヒヤリングに報告しました。

高精度な大気質シミュレーションモデルを開発

2.新プロジェクト<JATOP>の開始

「大気環境保全・改善」を前提としつつ、さらに地球温暖化、エネルギーセキュリティ対応を視野に入れ、「CO2削減」、「燃料多様化」、「排出ガス低減」の3つを同時に解決する最適な自動車・燃料利用技術の確立を目指す新しいプロジェクト<JATOP:Japan Auto-Oil Program>を2007年度から5年計画で開始しています。
〔概 要〕
 ア. バイオマス燃料の利用拡大
 イ. 排出ガス、燃費に優れたディーゼル車の普及対応
 ウ. 大気環境改善検討及び評価(大気モデルの活用・改良)

3.JATOPの事業内容

ア.ディーゼルバイオマス燃料の利用拡大

〔目 標〕
 ディーゼルバイオマス燃料を高濃度で利用した場合の技術課題(酸化安定性低下、低温性能悪化等)を明らかにし、自動車側、燃料側での対応策を含めた技術知見を確立します。
〔技術課題〕
 ・バイオディーゼル(FAME)の酸化安定性低下等への対応策検討
 ・新たな利用形態(水素化バイオ軽油等)の検討

ディーゼルバイオマス燃料の利用拡大

イ.ガソリンバイオマス燃料の利用拡大

〔目 標〕
 ETBE、エタノール混合ガソリンの利用拡大に資する技術課題を明らかにするとともに燃料性状変化(蒸留等)による品質設計指針を明確にします。
〔技術課題〕
 ・運転性、排出ガス、蒸発ガスへの対応策検討

ウ.最新ディーゼル乗用車に最適な燃料品質検討

〔目 標〕
 最新ディーゼル乗用車の排出ガス低減、燃費向上に必要な燃料品質硫黄分、蒸留性状等を明確化します。
〔技術課題〕
 ・最新排出ガス後処理装置・エンジン燃焼性能に及ぼす硫黄分、蒸留性状の影響検討
 ・ディーゼル車のポテンシャルを引き出す使用条件の検討

エ.大気環境影響検討及び評価

〔目 標〕
 JCAPでは、広域(日本全国レベル)〜沿道(交差点近傍の沿道等)までの大気汚染物質の濃度分布の予測が可能な世界トップレベルの大気シミュレーションモデルを開発しました。新プロジェクトでは、この大気シミュレーションモデルを発展・活用させて、特に、沿道NO2、PM2.5等の微小粒子の課題について自動車における寄与を明確にするとともに、今後の大気環境改善に向けた対策の効果予測を行い、施策への反映を目的としています。

*PM2.5:大気中の粒子状物質(Particulate Matter)の中で2.5µm以下の微小粒子を指します。小さな粒子の方が気管を通過しやすく、肺胞等気道より奥に付着するため、人体への影響が大きいと言われています。

大気環境影響検討及び評価
平成13年12月1日より<%=formatnumber(cstr(counter),0,true,true,true)%> 人目